ネトウヨとパヨク

​ネトウヨとパヨク(新潮社) 2019年5月16日発売

「すべて中韓の陰謀だ」「いや諸悪の根源は現政権だ」――無知に気付かず、自らの正義を疑わず、対話を拒否し、ひたすら他者を攻撃する。ネット上で日常的な光景となった罵り合いの主役が、ネトウヨとパヨクだ。時に世論をも動かす彼らの影響は、今や中高生にまで及びつつある。眩暈のするようなおかしな論理や、無尽蔵のエネルギーはどこから生まれるのか。行動原理や心理を読み解き、建設的な議論への道を探る。
 

だから、2020年大学入試改革は失敗する

​だから、2020年大学入試改革は失敗する(共栄書房) 2017年11月17日発売

ゆとり教育の反省なき大学入試改革は、
“絵に描いた餅"にすぎない――

「受け身」から「主体性」の教育を掲げ、アクティブラーニングの導入と高大接続入試改革を柱にした“100年に一度"の大改革とされる「2020年教育改革」。日本社会の現実と教育現場の実情を踏まえない理想主義的改革は、あの悪名高き「ゆとり教育」と同じ轍を踏むに違いない――今こそゆとり世代の声に耳を傾けよ!

聞き歩き福島ノート

​聞き歩き 福島ノート(近未来社) 2014年3月12日発売

2つの原子力発電所が立地している浜通りとその周辺地域では、「震災以後の生活の変化」をめぐって住民間でさまざまな対立が起きています。 私は福島県いわき市にアパートを借り、そこを拠点として「福島の今を知る活動」に入りました。多くの避難者の方々、地域住民、地方自治体の職員、災害ボランティア、地元で活躍する新聞記者の方などに直接会って、お話を伺うことで、人々の間にある“歪の構造”を理解することができました。今の福島を知ることで「福島のこれからと原発」を語り合うステージができます。福島で出逢った方々のご意見や思いが、この本を通して、公平かつ正確に届けられていれば幸いです。

物江潤 

1985年福島県喜多方市生まれ。2008年、早稲田大学理工学部を卒業後、東北電力株式会社に入社。2011年2月に同社を退社。松下政経塾を経て福島県で学習塾を経営。「空気・同調圧力」「教育」「3.11と福島県」等をキーワードとしながら執筆活動を展開。

主なメディア掲載・出演

2020年10月9日 ABEMA Prime(AbemaTV)に出演

2020年10月9日 週刊現代にコメントが掲載

2020年7月26日 そこまで言って委員会NP(読売テレビ)に出演

2020年5月22日 「月刊日本」6月号にインタビュー記事が掲載

2020年5月16日 週刊現代 ビジネスパーソンの教養講座「名著、再び」に拙著が掲載

2020年2月10日 中央公論に拙著が掲載

2019年12月30日 オピニオンサイト「ironnna」に記事が掲載

2019年12月9日 言論プラットフォームアゴラの執筆メンバーに。以後、定期的に寄稿

2019年7月2日 週刊朝日に拙著の書評が掲載

2019年7月1日 週刊ダイヤモンドに拙著の書評が掲載

2019年7月1日 ZAITENにインタビューが掲載
2019年6月28日 週刊現代 ビジネスパーソンの教養講座「名著、再び」に拙著が掲載。

2019年6月16日 毎日新聞に拙著の書評が掲載

2019年6月4日 デイリー新潮に拙著に関する記事が掲載

2019年5月23日 週刊新潮に拙著の書評が掲載

2019年4月26日 NHK福島放送局「はまなかあいづToday」に出演

2018年4月6日 読売新聞 企画「平成時代 学力」にコメントが掲載

2018年2月15日 オピニオンサイト「ironnna」に教育改革に関する記事が掲載

 

 

日本を支配する「空気」への危機感

何かと空気を読んでしまう私たちですが、そのために合理的な決定を下せないことがあります。全滅するのが目に見えているのに、その場の空気によって戦艦大和を出撃させてしまった出来事は典型例ですし、3.11で起きた原発事故も同様です。議論による合理的な結論よりも、その場に流れる空気が優先してしまう現状は大変に深刻です。

そんな「空気」や「議論」といったテーマを中心に、執筆活動を展開してきました。

『ネトウヨとパヨク(新潮社)』は、議論不能な人々が集うネット社会に焦点を当て、『だから、2020年大学入試改革は失敗する(共栄書房)』は、「ゆとり教育=悪」をはじめとした「空気」により右往左往する教育政策について批判を加えた本でした。

3.11を経験した私たちがすべきことは、被災地を震災以前の姿に戻すことや盛り上げることだけではないはずです。原発事故をはじめとした国難の一因である「空気の支配」や、その空気による「議論不能な私たち」に目を向け、何らかの処方箋を考えなくてはなりません。災厄の原因に手を打たなければ、また同様の困難が訪れることは明らかでしょう。

「空気の支配」や「議論不能な私たち」に関する問題は、社会にいくらでも転がっています。今後も、こうしたテーマを中心に活動するつもりです。

 
 
お問い合わせ